きょうのランチ

白いんげん豆と野菜のスープ

2018/02/02

豆と根菜類いっぱいの濃厚なスープを作りました。

イタリア料理のリボリータ(パン入りスープ)とミネストローネの中間のようなスープです。

本来は野菜(白いんげん豆、大根、人参、カブ、ジャガイモ、玉ねぎ、セロリ、キャベツ)だけで作りたかったのですが、冷蔵庫で眠っていたソーセージを使う機会がなかったので、つい入れてしまいました…。

仕上げに、玉ねぎの酢漬けとパセリを散らしオリーブオイルを垂らして、直火で焼いたパンと一緒に頂きました。

白いんげん豆は昨晩から水に浸しておいたものを茹でて、野菜類は塩をして水分を出してから炒めています。スープの甘みは、玉ねぎと人参とセロリのソフリット(ローズマリー入れ)が決め手です。

ガスコンロの直火で焼いた(焼き過ぎた?)パンも美味しかったです。

これまでのランチ