一番町A邸リノベーションIchibanchou A Apartment

一番町A邸リノベーションIchibanchou A Apartment

場 所
千代田区一番町
築年数
12年
面 積
115㎡(35坪)
総費用
2,800万円(工事費)/180万円(家具)/250万円(設計料)

洗練された大人テイストのコンパクトリノベーション

再販リノベーション用の物件探しからお手伝いしたプロジェクトです。マンションの外観や共用部のロビーやエレベーターホールと、専有部のインテリアのミスマッチが大きいマンションだったことから、共用部から引き出してきた素材感やインテリアエレメントを室内に取り込みつつ、千代田区一番町ならではの大人っぽい洗練された生活が送れるようにデザインしてゆきました。

完全に閉じられていたキッチンは、壁面側のカウンタ―は機器交換と扉作り直しだけで済ませ、その代わりにリビングダイニグ側にシンク付きの大きなオープン・ペニンシュラカウンターを設けました。露わになってしまう冷蔵庫や調理機器、食品庫置き場はキッチン奥に隠すべく小壁を作っています。リビングダイニングは従来はただの大きな空間でしたが、ダイニングテーブルを置く位置やテレビとソファーのレイアウトを考えて、壁の設えや照明計画、天井の形状まで調整してゆきました。

暗かった玄関には、ダイニングの飾り棚を通した仄かな明かりと、大きなスチール製のガラス入り建具からの光を導き、明るく開放的な空間へと変えています。玄関ホールとそこから繋がるプライベート廊下も各突き当りにはアイストップとなる壁には特徴的なデザインを施しています。

広さの割にはレイアウトの問題でカウンター面や収納が窮屈な感じを与えていた洗面浴室は、お互いの位置関係を交換することで、変形ながら開放的な浴室と、従来はキッチンにあった洗濯機を移設しながらもダブルシンクの洗面カウンタ―を実現することができました。

 

(2017年8月25日更新)

リビングダイニングキッチン

左側の広く明るい開口部に対して、天井高さのあるリビング空間を確保し、その右奥にオープンキッチンを設け、ペニンシュラカウンター前にダイニングテーブルを置く全体構成です

リビングダイニングキッチン-2

右奥の壁とキッチン背面壁は色違いの同じタイルを貼って、LDKが一体になるように壁デザインを統一させました。柱型やPS壁が目立たないように、それぞれにデザイン的な役割を与えつつカラーガラスやミラー張りで目立たないように調整しています。

リビングダイニングキッチン-3

壁を照らすグレアレスタイプ(眩しくない)のダウンライトや、ダイニングテーブルやキッチンカウンターの明るさを確保する薄型LED照明を、ダイニングのペンダントライト、そしてビングの折り上げ天井にはソファのレイアウトに合わせて照らす位置を調整できるトラック照明を橋渡しし、部屋の各所に演出された光が配られるように照明計画を考えました

リビングダイニングキッチン-4

従来壁面の凹凸が大きい空間だったので、それぞれの面に違う素材を貼り付け、家具や照明が入った後に全体の調和が取れるような空間を目指しました

ダイニングの飾り棚

柱型に合わせてデザインした和を少し感じさせる違い棚です。背面は乳白色のガラスとして、玄関側からの気配が伝わるようになっています

リビングダイニングのビフォー&アフター

レイアウト上の大きな変更はキッチンをオープンにした程度ですが、仕上げ材と照明計画を全面的にリノベーションし、家具を配置したことで、本当に劇的に空間のイメージが変わりました

リビングダイニングへのガラス扉

正面のスチール製特注扉の割り付けに合わせて、左側の壁面の目地、右側の飾り棚収納の扉割り付け、さらに右手前まで伸びてきているキッチンカウンターまで目地ラインをすべて揃えています

玄関ホール

建具をガラス入りスチール扉に変えたことで、明るく開放的になった玄関ホールです

玄関ホール-2

左がリビングダイニングで、右奥がプライベート空間に繋がってゆく廊下です。右側の壁に全面に張った姿見の鏡が効いています

洗面と浴室

位置を交換することで、窓のある開放的なダブルシンクカウンターが実現した洗面です。メディスンキャビネットの鏡に写りこんだ背面側に扉で隠すことができる洗濯機置き場があります

浴室

変形ではありますが、窓付きの明るい浴室です。大理石調タイルをふんだんに使ったオーダーメイドのユニットバスです

トイレ

奥行50センチで、大型の手洗いボウルをセットした手洗いカウンター付きトイレです