横浜O邸リフォームYokohama O Apartment

横浜O邸リフォームYokohama O Apartment

場 所
神奈川県横浜市
築年数
3年
面 積
129㎡(39坪)
総費用
1,900万円(工事費)/460万円(家具)/150万円(設計料)

築浅マンションのカスタマイズ&グレードアップ

高級マンションを購入なさったお客さまからのご相談でよくありがちな悩みは、マンションの外観やエントランスホールなどの共用部と、専有部分スペースとのインテリアの大きなギャップです。

こちらをご購入なさったご夫妻も、スタイリッシュで重厚感のあるエントランスや外観がが気に入っていたものの、自分の部屋に入った途端にチープになっていく空間に違和感を感じていたとのことで、新築ながら部分的なリフォームを決断なさったとのことでした。築年数がまだ浅いマンションであることを逆手に取って、費用が掛かる水廻りやエアコン等の設備はほぼそのままで、素材の色と質感にこだわって空間をデザインし、共用部のグレードとのギャップを埋めていきました。

さらに、キッチン廻りの機能向上や、奥さまのための家事コーナー、子供用通り抜けドア、リビング壁面の造作収納など機能面も考慮しています。プライベート空間でも、撤去した既存扉を再利用して間仕切りを作り、コストパフォーマンスにこだわったリフォームを心掛けました。

(2017年8月2日更新)

リビングダイニングキッチン

外の光と緑が見える、明るく広々とした空間です。インテリアと合せてチョイスした家具が置かれ、より空間を引き立てています。リビングダイニングの天井は、リフォーム前はバラバラなデザインだったので、天井カセット式エアコンを移動して、高さの違う一続きの折り上げ天井に変更しています

ダイニングキッチン

キッチン本体は、壁のタイル張りを変えたり、ガスレンジを取り換えた程度で、ほぼ従来のものを使っています。床はLDがフローリングで、キッチン内部は大理石調タイルで張り直しています

ダイニングとキッチン-2

かつてあったパントリー(食品庫)はキッチンへの動線を妨げていたので取り外して、その代りに冷蔵庫とワインセラー置き場、その奥には奥さまの作業スペースを作りました

リビングダイニング

ミノッティのソファとセンターテーブル、リーバ(アルフレックス)のダイニングテーブル、インテリアズのラグをコーディネートしています

リフォーム前のリビングダイニングキッチン

キッチンカウンターはほぼそのまま、廊下からの建具と天井カセット式エアコンは3台とも位置を移動しましたが、再活用しています

キッチン背面収納

収納する内容に沿って、木目の引出と塗装の扉、ガラスの扉と白い扉とデザインを分けています。左側に奥さまの作業スペースが繋がっています

玄関ホール

二色で張り分けた大理石調タイルの床、入って正面の壁は大理石(ダークセルベのレザー仕上げ)、廊下突き当りはビニールクロスのデザインパネル張りとしています

玄関の壁面

横模様のダークセルベ(大理石)は、2枚のスラブ(大判の大理石)を使って、全ての模様が繋がるようにレイアウトしています

来客用トイレ

大理石(グリジオ・カルニコ)のカウンターに大理石モザイクタイルの壁、ウォールナットの突板とミラーを合わせてデザインしています

リビングダイニングの造作壁面収納

リビングの壁面造作家具にはTV置き場、AV機器収納、DVDやブルーレイ、更には大量の雑誌のストック、飾り棚や照明スイッチまで組み込んでいます。TVの奥には、隣室の子ども部屋への小さな引き戸も作っています