白金台K邸リフォームShirokanedai K Apartment

白金台K邸リフォームShirokanedai K Apartment

場 所
東京都港区白金台
築年数
22年
面 積
132㎡(40坪)
総費用
2,100万円(工事費)/400万円(家具)/350万円(設計料)

アートコレクションが映えるシンプルモダンなデザイン

ホーマットシリーズの築22年(当時)のマンションを全面リフォームしました。
以前は家族5人でお住まいでしたが、子供たちの独立を機にデザインリフォームを行ないたいとのことで、すべてを骨組み(スケルトン)状態にまで解体してからの再出発です。デザイン面だけでなく、床下の配線・配管も取り換えています。

子供部屋を1つ潰したぶん、リビングとキッチンを広げています。
それまでカーペット敷きだった床は、床下に床暖房を仕込み無垢のチークフローリングを敷きました。ビニールクロス仕上げだった天井と壁も塗装仕上げに変更しています。

アートコレクターであるお施主様が絵画や彫刻を生活のなかに取り込めるよう、展示用の白い壁やニッチを各所に設けています。照明も天井に組み込み、自由に調節しながらアートを照らせるシンプルモダンなデザインとしました。

(2014年4月25日更新)

リビングから望むダイニング

全長3.5メートルのダイニングテーブルの奥にキッチンへの扉があります

リビングのソファコーナー

大柄な家具とアンティークの丸机に絵画がよく似合います

リビングのアートスペース

アートを飾る壁はモダンな床の間状のニッチ。絵画用の特別な照明で照らしています

リビングの造作家具

床の間状のニッチの横には柱の出っ張りと同じ寸法で組み込まれた造作家具が続きます

リビングの素材、配色

無垢のチークフローリングとメープル白拭き取り仕上げの造作家具がマッチしています

ダイニングから望むリビング

L字型のリビングダイニングの奥に大型ソファを置きました。正面の大きな壁にもアート作品を飾る壁があります

リフォーム前のリビング

コンクリートの柱がコーナーに目立ち、あまり広さを感じさせない空間でした

ダイニングから望む玄関

ダイニングの右奥に長い廊下を経て玄関があります。左手の木製(アガチス)の壁にはプライベート空間への扉や納戸が隠されています

アガチスの扉越しに望むリビング

キッチン

二段カウンターのキッチンです。右手の白いカウンターにシンクと食洗機を組み込み、左手の黒いカウンターにガスレンジとオーブンを組み込みました

リフォーム前のキッチン

ガスレンジやシンクのレイアウトは同じですが、クラシカルな装飾と肌色の扉が古さを感じさせていました

玄関ホール

床暖房の組み込みにより上がったレベルの床を、ライムストーンの床材のスロープで解消しています。姿見の横の正面灰色の壁に来客用トイレへの扉が隠されています

玄関から長い廊下越しにリビングを望む

左手は大きな靴収納兼クローゼット。廊下と玄関ホールの間を仕切る扉も隠されています

玄関横の来客用トイレと洗面

造作家具がピタリと納まったデザイン性重視のきれいな洗面です

リフォーム前後の平面図

子供部屋一つ分をリビングに繋げたことで大きなリビングダイニング空間が確保できました。以前はマンションの構造柱が目立っていましたが、柱と合体した造付家具が柱の存在感を消しています。キッチンも以前より広くなったことで二段のL字カウンターが活きてきます。玄関にはスロープをつくり框のないバリアフリー仕様としました