きょうのランチ

宅おにやんま

2020/05/27

五反田の立ち食い讃岐うどんの名店「おにやんま」の持ち帰り生麺セットを使っての宅おにやんまランチです。

宅おにやんま

宅おにやんま

冷やしぶっ掛けですが、お店で食べる費用と同じ330円でうどんの生麺といり子出汁、葱と揚げ玉と生姜と七味唐辛子がセットで付きます。

宅おにやんま

おにやんまと言えばとり天うどんなので、事務所でもとり天を揚げました。

宅おにやんま

宅おにやんま

宅おにやんま

宅おにやんま

栄養が炭水化物に偏るので、茹でたほうれん草と、多めの大根おろしを添えました。

宅おにやんま

宅おにやんま

松阪牛のビーフストロガノフ

2020/05/26

白金台のプラチナドンキー内にある松阪牛専門店の朝日屋で購入した松阪牛のカルビ肉を使ったビーフストロガノフのランチです。因みに、本日は久しぶりに(3か月ぶり?)にスタッフ全員が揃っての今後のプロジェクトの進め方の会議でした。

松阪牛のビーフストロガノフ

松阪牛のビーフストロガノフ

松阪牛のビーフストロガノフ

松阪牛のビーフストロガノフ

塩胡椒しただけの牛肉を焦がしながら炒め別皿に取り、ソースのベース用に玉ねぎと赤ピーマンを炒め、トマトピューレと水とベイリーフを入れて圧力鍋で煮込み始めます。

松阪牛のビーフストロガノフ

松阪牛のビーフストロガノフ

松阪牛のビーフストロガノフ

別途具材用の玉ねぎとマッシュルームとシメジ茸をバターで炒めて、煮上がったストロガノフに投入して、塩胡椒と生クリームで味付けをしました。

松阪牛のビーフストロガノフ

松阪牛のビーフストロガノフ

各自のお皿に盛ってから、パセリのみじん切りとサワークリームを載せて頂きました。食後のデザートは、スタッフの竹田さんが持ってきてくれた美味しいクッキーでした。竹田さん、ご馳走さまでした!

松阪牛のビーフストロガノフ

 

 

イタリアン+中華のレモンチキン

2020/05/22

比内地鶏の美味しそうなお肉を頂いたので、イタリア料理のディアボラ風チキンの料理方法と中国雲南省シーサンパンナ(西双版納)のレモンチキンをミックスしたオリジナルレモンチキンを作ってみました。

レモンチキン

レモンチキン

レモンチキン

タレの材料は、ニンニクと生姜とレモングラスとバイマックル(こぶミカンの葉)と香菜に雲南省西双版納自治州の山椒です。

シーサンパンナ(西双版納)の山椒

こちらがその山椒です。

レモンチキン

レモンチキン

レモンチキン

レモンチキン比内地鶏のモモ肉と胸肉の皮目からパリパリに焼き上げている間に、ニンニクオイルを作り、そこに刻んだレモングラスとバイマックルと生姜と塩を混ぜておき、そこにあら切りにした鶏肉を混ぜ込んで、仕上げに香菜と雲南山椒を混ぜ込んで完成です。付け合わせは、茹でたコゴミに、義理姉がくれた比内地鶏のパスタソースを温めて掛けたものです。

レモンチキン

イタリアンと中華のミックス料理ですが、エスニック感たっぷりの美味しいレモンチキンに仕上がりました!

レモンチキン

チキンカレーからのバターチキン

2020/05/21

スパイシーなチキンカレーを作ったのですが、事情があって辛いと食べれない人が来ることになったので、そこから甘いバターチキンカレーに変更しました。

チキンカレーからのバターチキン

こちらが仕上がりのバターチキンカレーです。

チキンカレーからのバターチキン

最初は、スパイシー目のカレーと作ろうとホールスパイスから玉ねぎを一緒に炒め、生姜とニンニクを入れ、ヨーグルトとトマト缶を投入してカレーグレービーを作りました。

チキンカレーからのバターチキン

チキンカレーからのバターチキン

ヨーグルトとスパイスと塩コショウでマリネしておいたチキンを投入し、更に刻んだコリアンダーとミントを入れて煮込んだところで、一旦スパイーシーチキンカレーが完成しました。

チキンカレーからのバターチキン

チキンカレーからのバターチキン

チキンカレーからのバターチキン

しかし、ここから急遽事情が変わったので、一旦チキンを取り出して、カレーグレービーをミキサーでスムーズにし、更に軽く煮たカシューナッツと玉ねぎのペーストを加えて、バターチキンへ変換作業が始まりました…。

チキンカレーからのバターチキン

チキンカレーからのバターチキン

チキンカレーからのバターチキン

仕上げに、大量の生クリームとバターと、ドライカソリメティを入れて完成です。コロナ期間中でなければとても無理な長い道のりでしたが、何とかバターチキンカレーに持ち込むことができました!

チキンカレーからのバターチキン

宅利庵

2020/05/20

先日は、二郎ラーメンを持ち帰って事務所で食べる「宅二郎」でしたが、今回は白金台のお蕎麦の名店、利庵(トシアン)のテイクアウト用お蕎麦を持ち帰っての「宅利庵」です。

宅利庵

お蕎麦のテイクアウトは茹で麺と生麺の2種類がありましたが、当然ながら生麺を選びました。二人前で1700円とお店で食べるのとほぼ同じ価格です。1000円のだし巻き卵も持ち帰り用です。

宅利庵

宅利庵

茹でる時間を聞き忘れてしまいましたが、30秒ほどで上げたところちょうどよい茹で具合でした。頂き物のこごみが大量にあったので、軽く茹でたもの添えてせいろ仕立てで頂きました。

宅利庵

宅利庵

これまでのランチ

ページトップへ戻る