きょうのランチ

鹿児島の鳥刺し(むね肉)

2018/04/24

昨年も頂いた鹿児島の鳥刺し(むね肉)を、今回も義姉でプロの料理人の岸本恵理子さんにお願いして、鹿児島から取り寄せて貰いました。

鹿児島の鳥刺し(むね肉)

鹿児島の鳥刺し(むね肉)

鹿児島ならでは調理法で、滅菌したこのような状態で送られてきます。

鹿児島の鳥刺し(むね肉)

薄切りにして、千切りの白菜の横に盛って、刻んだニラと生姜とニンニクとポン酢と豆板醤を混ぜた特製のタレで頂きました。

茄子のシギ焼き

付け合わせは、茄子とインゲン豆のシギ焼きでした。

クレイポットライス

2018/04/23

シンガポール料理のクレイポットライスを作りました。クレイポットは土鍋ですので、土鍋の炊き込みご飯です。

クレイポットライス

クレイポットライス

鶏モモ肉と戻した干し椎茸を甘辛い醤油とオイスターソースとごま油でしばらく漬け込んでおき、生姜と一緒に炊き込んだご飯に途中で投入して、炊き込みました。といっても、土鍋がないので、一番厚手の鍋で焦げ過ぎないように注意しながら炊いてみました。

クレイポットライスのおこげ

きれいに出来たおこげです!

クレイポットライスのマリネした鶏肉

事前に漬け込んでおいた鶏肉と干しシイタケです。他に具材としては、銀杏とタケノコを入れています。

青菜とキノコの炒め物

こちらは付け合わせてのおかずで、青菜と三種類のキノコ(椎茸、マイタケ、シメジ茸)を中華風に炒めたものです。色の割にはちょっと味の薄い、か細いクレイポットライスになってしまいました…。

広島風お好み焼き風重ね焼き

2018/04/20

簡易版の広島風お好み焼き風の重ね焼きを作りました。

広島風お好み焼き

材料は以下のものにお餅を加えて物で、

広島風お好み焼きの材料

作り方は…、

豚バラ肉

豚バラ肉の上にキャベツとモヤシ

豚バラ肉をフライパンに敷いて、電子レジンで一気に蒸したキャベツ千切り3/4玉分をモヤシとイカフライを載せてしばらく焼きます。

豚肉とうどんとキムチと餅と卵

別のフライパンで同時に豚肉の残りとキムチとうどんと餅の角切りを炒めて、凹ませた中央に卵を落とし入れて、混ぜて一体化させて、先ほどのキャベツの上に載せて、オタフクソースとマヨネーズを掛けて完成です。

広島風お好み焼きの断面

崩れてしまいましたが、断面形状は立派に広島風お好み焼きになっており、味もほぼその通りに出来上がりました。

ルーローファン

2018/04/19

台湾料理のルーローファンを作りました。豚肉は薄切り肉を叩いて細かくして、長ネギと戻した干し椎茸とタケノコの微塵切と一緒に甘辛醤油で煮込んだ肉餡を白いご飯に載せた   屋台飯です。

今回は半熟味付けゆで卵と、茹でた青菜を載せて、仕上げに香菜とネギの細切りを載せました。

こちらが叩いた豚肉と大量の長ネギの微塵切りです。

付け合わせのスープは、アサリとシメジ茸の中華風スープでした。

肉ぶっかけうどん

2018/04/16

産休そして育休明けでスタッフの竹田さんが事務所に戻ってきてのランチです。3~4人前のランチは簡単にできますが、5人を超えると使える鍋のサイズも限られているので、なかなか大変になるので、今日は肉ぶっかけうどんを作りました。

肉ぶっかけうどん

肉ぶっかけうどん用の肉

肉ぶっかけうどん

6人前で半生うどんを1キロ茹でて、牛肉と玉ねぎを甘辛く煮つけたものと、茹でたほうれん草、味をつけて煮た蓮根、大根おろしと九条ネギと揚げ玉とゴマを振って肉ぶっかけにしました。

肉ぶっかけうどん

鍋のサイズも問題ですが、食器の数も足りいので、そろそろ何とかしないとです…。

これまでのランチ

ページトップへ戻る